Windows XPを守る4つの方法 ~セキュリティソフト活用術~

Windows XPを守る方法は4つありますが、今回はその2つ目、セキュリティソフトを活用する方法について取り上げていきたいと思います。

 サポートが終了した4月9日以降は、XPに脆弱性が見つかったとしても原因や改善策などが公開されないためシステムは放置状態となってしまいます。

ですので、このままXPを使い続けるのであれば、このXPを守る4つの方法の中では、セキュリティソフトを活用することが最も重要な方法になってきます。

ウイルス感染は概ね外部との接触(インターネットやメールUSBなど)によるものですが、セキュリティソフトを導入していれば、ウィルスの可能性があるファイルやサイト、メールなどを自動的にブロックしてくれるはずです。

つまり、セキュリティソフトを導入していればそもそも危険な場所に行き着いたり触れたりすることが極めて少ないということです。

なおかつ、セキュリティソフトのウィルス定義更新ファイルは常に最新のものに更新されているので、万が一危険なものに触れてしまっても感染する恐れを少なくすることが可能です。

おススメのセキュリティソフトは動作が軽いこと

長く使っているパソコンは様々な理由で動作が重たく感じることもあるかと思います。

特にセキュリティソフトはパソコンへの負担が大きく重たくなりがちです。ですので、XPにはこれ以上重くならないように軽い動作でストレスを感じさせないセキュリティソフトがおススメです。

例えば、ESETセキュリティソフトはパソコンを使用していてもバックグラウンドで実行されているため、パソコンに負荷がかからず軽いセキュリティソフトです。

また、ウィルスの検出率も高くヒューリスティックという技術で未知のウィルスも検知できるので、サポート終了したXPにとっては持って来いのセキュリティソフトだと言えます。定義ファイルの更新も1日に3回~4回位の頻度で早いため、常に最新のセキュリティが実現できます。

常に最新の状態を保つことが重要!

XPの安全性を高めるために今最も必要なことはセキュリティの安全性を保つことです。

セキュリティは各ユーザーの努力である程度まで上げることが出来ますが、どんなに努力しようが攻撃を受ける可能性はあり、対処にも限度があります。 それを補うのがセキュリティソフトの役割になります。

セキュリティソフトはOSの更新プログラム(セキュリティパッチ等)の代替策として、外部からのアクセスや不正なプログラムが無いかを常にチェックして、様々なウイルスやマルウェアの脅威からパソコンを守ろうとしてくれます。

引き続きXPを利用するユーザーは、セキュリティソフトがきちんとインストールがされているか、また、有効期限内で最新のウィルス定義ファイルなのかを常に意識し確認することが大切です。

Windows XP で使うなら間違いなくこのソフト!

ESETセキュリティソフト (ESET Smart Security)

ESETセキュリティソフト

セキュリティソフト各メーカーは、どこも強さ軽さを謳い文句みたいにしていますが、このソフトの強さと軽さは圧倒的!
軽さにおいては他社が全く比較にならないほど別格です。

スペックが低いパソコンや古いパソコン、つまりXPにはもってこいのセキュリティソフトとなっています。

もちろん強さも最強レベルで、特に未知のウイルスに強いのが特徴、世界第三者機関のAV-Comparativesテストでもほぼ毎回と言って良いほど最高認定を受けています。XPのサポートが終了した今は未知のウィルスに対応していることで対策を講じることが出来ます。

また、インターネットでサイトを閲覧する場合には安全であるかどうかの検査をダウンロード時(観覧する前)に行い、危険なサイトであれば自動でブロックしてくれますので、マルウェア対策としても充分な効果があります。

そして嬉しいのは1ライセンスで5台まで使え、マルチデバイスにも対応しているという点、WindowsはもとよりMacやAndroidでも使用可能ですのでコスパ的にも非常に優秀です!

もちろんライセンスの引き継ぎも出来ますので、将来XPから他のOSに乗り換える場合でもスムーズに移行することが出来ます。

尚、今回は、XPの観点からESETをおススメしましたが、上記のとおりESETは総合的に優れたセキュリティソフトですのでXPではなくとも是非おススメのソフトです。

対応OS XP対応 無料体験 価格
Windows / Mac
Android
サポート終了予定なし
(終了の場合は遅くとも
1年前には告知)
30日間 ファミリー(最大5台) 6,800円
パーソナル(最大1台) 4,300円

ESETセキュリティソフトの詳細・購入・無料体験はこちら

スポンサードリンク

このページの先頭へ