XPサポート終了!?パソコンは使えるのか?

TOPページでも記述致しましたが、すでにみなさんご存じのとおり2014年4月9日をもってWindows XPのサポート終了がしました。

まだXPから乗り換えていないユーザーもいると思いますが、このまま使い続けるとどの様な影響がでるのでしょうか!?

また、それ以前にXPをこののまま使い続ける可能なのでしょうか!?

サポート終了とは

はじめに、このサポート終了とはどういうことなのかを整理してみましょう。

普段パソコンを使用していると、タスクトレイ(画面右下)にビックリマークのアイコンで更新表示が出てきたり、電源を切る際に「更新プログラムをインストール中」という表示が出てしばらくしてから電源が切れる時があるかと思います。

これは何かというと、次々に見つかるWindows XPの脆弱性(XPの弱いところ)を修復する為や、システムの機能を上げるためにMicroSoftから提供されるプログラムで、簡単に言えば、見つかった欠陥を補いマルウェアや悪意のある第三者による攻撃から守るためのものです。

つまり、その更新を行って初めてシステムは安全な状態を保てるわけです。

しかし、サポートが終了したという事は、これらの更新プログラムが今後一切提供されないということです。欠陥が見つかろうがバグが起ころうがMicrosoftはもう何もしてくれません。

少し難しい話ですね?

簡単な例を挙げてみましょう!

例えば愛用している自動車があったとします。自動車は普段乗らなくとも2年に一回の車検を受けることで劣化した部品の発見や取り替え、その他色々なメンテナンスによっていつでも快適に乗ることが出来ると思います。

ですがメーカーがこの自動車は型式が古いため部品の供給をストップします!ということになった場合、乗ることは可能ですがメンテナンスができない状態になります。

つまり、XPも同じでメンテナンスが出来ない状態になるということです。

使い続けるとどうなるXP

では、このメンテナンス無しの状態でXPを使い続けることは可能なのでしょうか!?

答えとしては可能です。 先の例でも説明しましたがメンテナンスができないだけで使い続けることは可能です。

さらに言えばパソコン(システム)は消耗部品がありませんので、極端な話、(物理的に壊れない限り)半永久的に使うことも可能です。

ただし、その反面リスクも伴うことを忘れてはなりません。脆弱性が見つかっても修正でませんので、マルウェアやサイバー攻撃の格好の的になる可能性が大きくなります。

また、パソコンに不具合が生じるだけではなく、場合によってはIDやパスワードなどの個人情報を盗み出され、金銭的な被害も起こり得る可能性も否定できません。ですので、XP環境下でのインターネットバンキングやカード決済は絶対に避けた方が無難です。

あくまで使用は自己責任ですが、今後もXPを使うのであれば知らず知らず犯罪に巻き込まれる可能性があるということを頭に入れておきましょう!

サポート終了はXPだけではない

今回のサポート終了はXPだけではなく、MicroSoft Office2003、Internet Exproler6も併せてサポートが終了となります。

今お使いのパソコンのOSやソフトなどを今一度確認されてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

このページの先頭へ